2006年 秋季リーグ戦

★ 10月12日(木) 皇子山球場 ★
 京都大 000 010 010= 2
 同志社 303 013 42x=16
コメント
 京大対同志社大の第二戦。
 京大打線は4回まで二安打と、同志社大先発の田林にほぼ完璧に抑えられてしまう。いっぽう同志社打線は、京大先発の川添のコーナーを突くきわどいボールを見極め、初回に3安打2四球で2得点、3回にもホームランを含む3安打2四球で2得点と試合をかなり有利に進める。 
京大は5回表に水木のヒット、好走塁もあり1点を返すが、同志社大は続く5回、6回、7回、8回裏と、安打・四球を重ねそれぞれ1点、3点、4点、2点と京大を大きく引き離す。京大も8回に1点を返すが、時すでに遅く、2対16と大敗を期してしまった。
 この試合京大のバッターには粘りがあまりなく、16個もの三振をしてしまった。京大のバッターは変化球を引っ張ろうとしていたので、そこを改善すればもっと得点できたと思った。ピッチャーはとにかくコーナーをつかないとだめだということをひどく実感させられた試合のように思えた。

表 大地

 

打撃成績
京都大学




四死
(左)一 服部 明和
(中) 小林 三国丘
(遊) 田中 奈良
(捕) 吉村 徳山
森勇 西大和学園
山田 郡山
(三) 松岡 東大寺学園
打左 宗平 立命館
(二) 片山 洛星
(一)三 堀口 帝塚山
(右) 山ア 清風
森紀 明石北
尾藤 新居浜西
熊本 洛星
石川 北野
天満 茨木
(投) 川添 土佐
水木 北野
北村 明星
合計 35
同志社大学




四死
(中) 阪田 倉敷商業
(二) 藤本 郡山
(遊) 荒川 智辯学園
石尾 倉敷商業
(右) 安井 広陵
(捕) 磯部 郡山
京都韓国学園
佐谷 小倉
(一) 尾上 玉野光南
(三) 土井 徳島商業
(投) 田林 智辯和歌山
大澤 今治西
大崎 岡山城東
(左) 岡山城東
山本昌 箕島
杵築
宝田 旭川東
合計 42 21 16
 
京大 同大
二塁打

大崎
阪田
荒川
佐谷
土井
三塁打
尾上2
本塁打
尾上
盗塁 小林 藤本
荒川
安井
土井
失策
安井
尾上
土井
暴投 熊本
天満

捕逸 吉村 磯部
投手成績




打者 安打 自責
京大 川添● 土佐 2 13 15
水木 北野 2 23 15
尾藤 新居浜西
熊本 洛星
天満 茨木
---






同大 田林○ 智辯和歌山 22
山本昌 箕島
宝田 旭川東 11

戻る