1999年秋季リーグ戦 レポート

★9月5日(土) 西京極球場 ★
立命館 200 110 014=9
京都大 000 000 010=1

【舛永隆宏の試合レポート】
 立命田中の前に手も足も出ず完敗。ミスも重なり、最悪のスタートとなった。

 京大の先発は岡村(2洛星)。初回先頭の宮端をエラーで出塁させ、3番木戸の左中間三塁打で先制される。さらに5番藤原の犠牲フライで2点目を奪われる。その後も常にランナーを背負う苦しい投球が続く。4回にはヒットで出たランナーをエラーで進塁させ犠牲フライで3点目。5回には2死から2連打と2連続エラーで4点目。8回には三塁打を打たれた後のワイルドピッチと、ことごとく点にエラー、ミスが重なった。周りが足を引っ張りながら、岡村は8回を1四球、自責点1とよく投げたと思う。
 9回からは高内(4小倉)が登板。簡単に2死を取りながら2連打と四球で満塁とされ、藤原に満塁本塁打を打たれる。2死からだけに悔やまれる。

 打線は田中の前に11三振、2安打と何もできなかった。ただ、7回から登板した清水からは8回、1死から山崎が四球で出塁し、2死後、代打大谷(2益田)のレフト前安打で12塁とした後、松村(3畝傍)が詰まりながらもセンター前に落とし1点を奪い取った。しかし結局1対9で敗れた。

 今日はノックの時から全員固くなって本来の力を出せなかった。悪いところはすべて出たと思うので、次は新たな気持ちで戦っていきたい。

戻る

京都大学
(中)松村畝傍
(遊)小野山桐蔭学園
(三)中力札幌北
(一投)高内小倉
(捕)帯刀湘南
(右)田村顕東大寺学園
伊地知洛星
高松星光学院
(二)山崎洛星
(左)峯野北野
打左大井戸三国丘
(投)岡村洛星
大谷益田
吉田明善
立命館大学
(二)宮端星林
(左)松井比叡山
市場大産大付
(三)木戸智弁和歌山
(右)葛城倉敷商
(一)藤原神港学園
(中)肥田報徳学園
小谷田辺
(投)田中伊丹北
清水天理
(遊)紀之定浪速
上田伊都
寺前福岡大大濠

二塁打木戸
三塁打 木戸
肥田
本塁打藤原




岡村洛星35
高内小倉
-----






田中伊丹北20
清水天理
12

戻る