2002年 全京都大学野球トーナメント レポート

★ 8月19日(月) 西京極球場 ★
京産大 100 200 000=3
京都大 000 000 000=0

【長尾仁嗣の試合レポート】

 全京都トーナメント大会2回戦。 対戦相手は3年連続の顔合わせとなった京産大。 過去2年敗れているので今年こそは勝利をものにして準決勝にコマを進めたい。

 先攻・京産大、後攻・京大で始まったこのゲーム。 先に主導権を握ったのは京産大。 1回一死後2番・米下(4・高知商)がセンターオーバーの二塁打。 つづく鳥井口(4・報徳学園)の右飛で二死三塁とした後、4番・堀(2・京都成章)がレフト前へタイムリーヒットを放ち、京産大が先制した。 更に京産大は4回にも2点を追加。 京大先発の長田(4・福岡)を4イニングでマウンドから下ろした。

 一方の京大は京産大の先発・アンダースロー森田(3・高知)の前に7回までわずか1安打と為す術なし。 しかしようやくポイントが合いだした京大打線は8回一死後、伊地知(4・洛星)、道下(3・岐阜北)の代打陣が連続ヒット、追撃のチャンスを掴む。 ここで途中出場の平山(3・四條畷)がセイフティバントを試みるが惜しくもファール。 結局後続がたたれ、無得点に終わった。

 結局これが唯一のチャンスであり、森田に完封勝利を許してしまい全京都トーナメントは3年連続で京産大に敗れた。 来年こそは納得のいく成績を残したい。


打撃成績
京都大学
(三)伊藤2松山東210
平山3四条畷100
(中)篠原4星光学院300
(遊)川上4岡崎300
(右)藤田3膳所410
(左)谷口3洛星400
(捕)日高4高津300
(一)田村4甲陽学院300
(投)長田4福岡100
土屋1西城陽000
長尾3小野100
河村3北野000
伊地知4洛星110
走二松岡2旭丘000
(二)山崎順4洛星200
道下3岐阜北110
相原4岸和田000
濱田1茨木000
合計2940
京都産業大学
(中)政田1北嵯峨411
平山4鈴鹿110
(二)米下4高知商業510
(左)鳥井口4報徳学園400
(一)2京都成章411
(三)3北嵯峨200
(右)滝本3尽誠学園310
(指)渡辺4鳥羽200
橋本3水口東100
(捕)北村2仁川学院411
(遊)福原4神港学園100
合計3163

京都大学京都産業大学
二塁打
米下
盗塁
平山・滝本・福原
失策平山・山崎順
打撃妨害日高
投手成績



打者安打自責
長田4福岡42053
土屋1西城陽2700
河村3北野2700
濱田1茨木1510
---





森田3高知93240

戻る