2002年 秋季リーグ戦レポート

★ 9月8日(日) 南港中央球場 ★
京都大 100 001 000=2
関西大 000 213 12X=9

【試合レポート】

 前日に星を落とし、もう後がなくなった京大は、前節の立命館大学戦で快投した長田(4・福岡)を先発のマウンドに送った。 対する関西大学も春季リーグ戦では大車輪の活躍を見せた増田(2・明徳義塾)が先発し、試合は投手戦が予想された。

 先制したのは京大。 伊藤(2・松山東)の四球と盗塁を足がかりにして、4番の川上(4・岡崎)がライト前にタイムリーヒットを放った。 長田は、前回のピッチングを思わせるかのように、初回、2回を3人で打ち取った。 序盤3回は、1―0のまま終わった。

 試合が動いたのは、4回の裏。 関大の3番・坂口(1・尽誠学園)のヒットなど、長短打、あわせて3本を打たれ逆転を許した。 次の回もノーヒットで点を失い、ここで長田は降板となった。 京大は6回の表に川上の今日2本目のタイムリーヒットで1点を返し、追い上げムードとなる。 ところが、連投となった河村(3・北野)が、四球やヒット、さらには味方のエラーも重なり、計3点を失った。

 後続のピッチャーも関大打線の流れを止めることが出来ず、結局9−2という大差で敗れてしまった。


打撃成績
京都大学
(中)篠原4星光学院400.278
(二)山崎4洛星300.294
(三)伊藤2松山東300.278
(遊)川上4岡崎422.222
(左)相原4岸和田410.211
(右)藤田3膳所300.050
(捕)谷口3洛星410.190
(一)田村4甲陽学院100.167
(投)長田4福岡200.111
河村3北野000.000
道下3岐阜北100.333
土屋1西城陽000-
濱田1茨木000-
合計2942
関西大学
(二)康原4上宮310.286
(遊)石井3観音寺中央512.222
(中)坂口1尽誠学園530.500
(一)奈良3関大一200.000
打一光岡2生駒211.667
(捕)乙須1大阪桐蔭311.143
(左)三浦1酒田南200.143
中島3初芝橋本1111.00
板坂3三本松1111.00
(三)中西4履正社321.286
(投)増田2明徳義塾310.333
(右左)中村4春日丘200.400
合計32127

京都大学関西大学
二塁打
乙須・中西・中島・坂口・康原
盗塁伊藤
失策谷口中村・石井
暴投
増田
ボーク長田
投手成績




打者安打自責防御率
長田4福岡521431.57
河村3北野
17214.24
土屋1西城陽
17313.00
濱田1茨木
163218.0
---







増田2明徳義塾934422.00

戻る