2002年 春季オープン戦レポート

★ 3月30日(土) 吉田グランド ★
大阪大 010 100 001=3
京都大 001 300 10X=5

【帖佐和人の試合レポート】

 リーグ戦へ向け、最後のオープン戦。 何としても勝ってリーグ戦に弾みをつけたいところである。

 阪大の先攻で試合が始まる。 京大の先発・長田(4・福岡)は本来の調子が出ない。 初回の1・3塁のピンチを切り抜けるも、2回に6番・白濱に四球を与えると、続く7番・重歳に安打を浴び、さらにダブルスチールを決められ、無死2・3塁と大きなピンチを迎える。 ここで9番・森脇に安打を浴び、1点を先制される。

 対する京大も3回裏、1死後8番・長田が死球で出塁し、犠打、さらに1番・伊藤(2・松山東)の安打で2死1・3塁とする。 そして、2番・篠原(4・大阪星光学院)の当たりはサードゴロ。 これがサード白濱の焦りを誘い、エラーで同点とする。

 しかし、長田の調子は戻らず、4回表、先頭の白濱が安打で出塁。 犠打、四球などで2死1・2塁とされると、1番・黒瀬に安打を浴び、1―2とまたリードされる。さらに2番・林も安打と続き、2死満塁とされるが、ココは長田が踏ん張り1失点で切り抜ける。

 4回裏、再び追う展開となった京大は、先頭の4番・相原(4・岸和田)が四球、ワイルドピッチで無死2塁とチャンスを作る。 ここで、続く5番・藤田(3・膳所)がレフト前に安打を放ち、2塁走者相原は一気に本塁を狙う。 しかし、レフト・サードの好返球で相原は本塁タッチアウトとなる。 いやな流れになりかけたが、続く6番・日高(4・高津)のライトオーバー三塁打でまず1点を返し、さらに相手投手・和田のワイルドピッチで日高が還り2点目を奪う。 流れは止まらず、続く田村(4・甲陽学院)の安打、四球、犠打とつながり2死2・3塁とすると、替わった相手投手・末澤のワイルドピッチで田村が生還、この回一挙3点を奪い、4―2と逆転する。

 リードした京大は、5回から替わった藤田、相原がきっちり抑え、逆に7回にも1点を追加、5―2とする。 最終回に、この回から登板した川上(4・岡崎)が1点を失うも、5―3でゲームセット。 最後のオープン戦を勝利で飾り、京大はよい形でリーグ戦を迎えることになる。


打撃成績
京都大学
(三)伊藤2松山東410
(中)篠原4星光学院300
(遊投)川上4岡崎411
(左右投)相原4岸和田300
平山3四条畷000
(右投右)藤田3膳所310
(捕)日高4高津411
(一)田村4甲陽学院310
(投)長田4福岡000
丹羽3洛星000
長尾3小野200
(二)山崎4洛星000
合計2652
大阪大学
(右)黒瀬321
(左)上林大手前420
(中)萩野木本301
(一)神田桃山学院330
(指)花田清教学園500
(三)白濱松山東310
(捕)重歳岡山城東310
(二)村瀬旭丘300
(遊)森脇天王寺411
合計31103
投手成績



打者安打自責
長田4福岡42152
藤田3膳所2710
相原4岸和田2920
川上4岡崎1521
---





和田
天王寺3 1/31641
末澤
丸亀1 2/3700
山岡
松江北2811
松岡
明治学園1400

戻る