2004年 東大戦レポート

★ 7月17日(土) 吉田グラウンド ★
東京大 000 000 100=1
京都大 000 200 00X=2

【試合レポート】                         
                                    服部仁史(2・明和)

初回京大先発の濱田(3・茨木)は東大を三者凡退に抑え順調な立ち上がりを見せる。一方京大は二死から坂井(3・筑紫丘)のセンター前ヒットなどで1,2塁のチャンスを作るものの後続が続かず無得点に終わる。
 先発はまだは時折ランナーを出すものの危なげないピッチングを続ける、好投に応えたい打線だったが三回までは毎回ランナーを出すものの後一本が出ず0対0のまま進む。そんな中4回、一死から岩崎(3・膳所)、河原林(3・膳所)の連打でチャンスをつくり二死後松岡諭(4・旭丘)の三遊間を抜くヒットで先制、続く松岡祐(2・東大寺学園)のサードゴロを相手三塁手が一塁へ悪送球して二点目を奪う。
 6回まで東大を0点に抑えてきた濱田だったが疲れのみえた7回、二塁打と死球でピンチを招き、ショートへの内野安打で1点差に詰め寄られる。ここで京大は投手を濱田から土屋(3・西城陽)に交代、代わった直後ライト前ヒットを浴び一死満塁とされるも後続を断ち東大の攻撃を1点でしのいだ。
 追加点の欲しい京大であったが東大の6人の投手の小刻みな継投にかわされ5回以降なかなかチャンスを作れず2対1のまま最終回を迎えた。土屋は一死後二塁打を浴びて同点のランナーを出すものの落ち着いた投球でホームに返さず、2対1で京大が逃げ切りホームグランドで去年の雪辱を果たした。
 勝ったとはいえ中盤以降中押し、駄目押し点が奪えなかった打線に秋のリーグ戦に向けての課題がみえた。一方、投手陣では二枚看板の土屋、濱田が好投を見せ秋への好スタートを切ったといえる。


 

打撃成績
東京大
(遊) 浅野 5 0 0
(中) 太田 4 0 0
(左) 荻田 4 1 0
(一) 木曽 4 1 0
(指) 前原 4 1 0
(右) 藤熊 4 1 0
(捕) 升岡 2 1 0
黒江 0 0 0
松尾 0 0 0
渡邊 0 0 0
池田 1 0 0
(三) 有馬 3 2 1
(二) 井本 1 0 0
野村 1 1 0
森山 1 0 0
合計 34 8
京都大
(三)松岡祐 2 東大寺学園 4 2 0
(中)小林 2 三国丘 2 1 1
(右)坂井 3 筑紫丘 3 1 1
(遊)伊藤 4 松山東 4 1 0
(三)中沢 3 水戸第一 3 1 0
打左鳥山 3 成蹊 4 0 0
(指)岩崎 3 膳所 1 0 0
(左)折笠 4 県千葉 1 0 0
左一河原林 3 膳所 1 0 0
(捕)岡田 3 洛星 3 0 0
(二) 松岡諭 4 旭丘 2 0 0
片山 2 洛星 1 0 0
合計 29 6 2

東京大京都大
三塁打
木曽

二塁打前原・有馬
盗塁小林
投手成績



打者安打自責
高橋

3 13 3 0
近藤

1 7 3 1
鈴木

1 4 1 0
大西

1 3 0 0
山口

1 4 1 0
松岡
1 5 1 0
---





濱田3茨木6 1/32651
土屋3西城陽2 2/31130

戻る