月 刊 D B
【10月号】

こんにちは。四回生の伊部です。
僕はこれが最後の更新になりそうです。もう引退をし、既に二週間が経とうとしています。さみしす。

チーム方針によってはもしかしたらこれが最後の月刊DBになるかもしれませんが、
今回の特集は、引退後の進路、主に進学について“真面目に”特集していきたいと思います。
フェ○ーリをつくろう!なんてふざけたことも言いません。Siri・尻で起動さん24歳男性からお便りも来ません!
真面目なものなので、現役で活躍している部員はもちろん、
この先京大野球部への入部を検討している未来の京大生にも読んでいただければ幸いです。


大学院のすすめ~進路に悩む戦士たちへ~


僕自身の考えが色濃く出てしまうので正しいとは言えませんが少し参考にしていただければと思います。
理系学生の多く、一部の文系学生はおそらく大学院へ進学するでしょう。
研究の経験を積み、学位を修得できるのが最大の利点です。

では京大野球部ではどうでしょうか。
まずメリットとして、一度身を休め、じっくり自分の人生について向き合える時間が生まれます。
僕自身が進学を選んだ一番の理由としてこれが挙げられます。
学部時代の自分ではまだまだ社会に出るには物足りなさを感じ、また見識を広げ、
真に自分が求める場所を探したいと思ったからです。

大学において体育会に入ることは、本当かどうかはおいといて、
世間一般では素晴らしい人材になることが期待されます。
当然遊び呆けてちゃらんぽらんな学生より、誘惑を断ち、日々鍛錬を重ね、
目標に向かって地道な努力をしてきた経験を持った学生のほうが会社に入ってからの活躍が期待できます。
また、体力もあり、少々辛い業務であっても“気持ち”という体育会マジックで乗り切れることでしょう。
特に商社などにおいてはそれが求められており、多くの体育会学生が採用されており、
京大野球部からも例年数人が就職しています。

ですが、すべての学生より優位か?と言う質問にはNOと言えます。
大学生の中には、日々精進し、自分の知識や能力を磨き、即戦力としてぐいぐい出世してやろう、
という野心溢れるものもたくさんいます。
大口の就職先ではそれらの学生と入り口で直接対決!!となることはないでしょう。
そういった学生は(特に日本では)一握りであり、
その人達ががっちり内定を固めたとしてもまだまだ数は余ります。問題はその先です。
ここが学部卒のデメリットですが、
やはり四年間野球に捧げてしまっている我々はその人達に勝っていくことが非常に難しいです。
また、野球しかできていないことにより、本当なら自分が一番輝けるであろう業界があったとしても、
見識の狭さからそこを見落としてしまうかもしれません。
発明王エジソンの言葉に

「天才とは1%のひらめきと99%の努力」

とあるが、エジソンはさらに

「最初のひらめきが良くなければ、いくら努力をしても無駄。ひらめきのための努力をすべき」

と言っている。要は、努力ではひらめきを埋められない、ひらめきがなければ意味がないということです。
この言葉は現在の研究室の教授が紹介していたことで、なるほどと僕自身も思いました。
議論はあるかと思いますが、自分が最も才能を発揮できる環境に身を置くべきというのは非常に納得です。
選んだ業界がたまたま良かった、ということもありますが、やはり見識が広くないのはリスクです。

ある知り合い先輩(院生でコンサルティングなどの業界を目指している)が言っていたことだが、
その人も体育会で、毎日練習に明け暮れ、学部時代は他の活動にあまり力を注げなかったと話しており、
また、体育会であることが本当に能力なのか、体育会出身はあまり出世しないことが多いと聞くがどうなのか、
という疑問から大学院に身を置きあらゆることにチャレンジしている、とのことです。

ですが、もちろんデメリットもあります。大学院に進むということは、多くの場合働くのが二年遅れます。
いち早く社会に出て一線で活躍するということは社会において大きなメリットであり、
それを補って余りある力を二年で磨くことが出来なければはっきり言って二年が無駄になるも同然です。
それ以前に業界によって完全に院卒が無意味なところもあるのでしっかり調査が必要です。

また、大学院というのは、生活が研究室によって左右されます。自由に自分の意欲を発揮できる環境もあれば、
拘束がきつく、研究にだけ腐心せざるを得なくなるところもあります。
研究がしたい!とあれば問題ありませんが、他にも意欲的に手を出し、
有意義に過ごしたい人にとっては苦痛でしかありません。
それで結局文系就職しようものなら、軒並み蹴られるか、
また通ったとしても優遇されない未来が待っているでしょう。

メリット、デメリットともに様々ありますが、よくよく考えた上で、
大学院に興味が出てきた時は参考にしていただければと思います。


という感じで今月号なわけですが、はい、長いですね。すみません(笑)
僕自身も最近良く考えることなので少しアウトプットさせてもらいました。。。

あとうちの教授がよく言っているのですが、本を読めということです。
今はなんでも先人から学べます。それを活かさずどうするの!て感じです。
全てが正しいかはわかりませんがより多くの知識を持っておくことは大切です。
僕も最近たくさん読み始めました(遅っ
就職を考えている学生は特に、部活の合間を縫って少しでも多く、
良い本を読んでください。少しでも将来の自分の助けになると思います。
良い本についてはネットで調べるなり、誰かに聞いてみるなりして探してください。いくらでも出てきます。


というわけで、今回は進学特集でしたが、就活については就活経験者に聞いてください!笑
次回はDB就活インタビュー特集でもいいかもしれませんね!といったところで引退です!おつ!笑
新チームに期待を寄せながらこの辺で終わりたいと思います!
ありがとうございました!

(四回生・伊部 達朗)

【9月号】

どうも、遅ればせながら月刊DB9月号です!!YO!!

今回は広報班候補として選ばれております、私、園部が“お・も・て・な・し“いたします!!

新しい風を吹き込んでいけたらなと思いますが…

まさか、文章を書くのが苦手であったはずの自分が月刊DBを書くことになるとは、
じぇじぇじぇじぇすぎて想像していませんでした。
しかし、4月号で班長伊部さんの文にもあったように、
これをいい機会とし文章を「創る」ということで語彙力を増やし、表現力豊かで、
幅広い視野を持った人になっていけたらと思う次第でございます。

9月を振り返ってみますと、まだまだ残暑厳しく暑い日が続いていたかと思うと、
歴史的な豪雨もあり京都の観光地が被害を受けました。
暑さ寒さも彼岸まで…というように、彼岸も過ぎると、朝晩は非常に涼しくなってまいりましたので、
気温の変化が大きいこの時期、風邪を引いたり、あまロスになったりしがちなので御注意を!!

それにしても、2013年も終盤…バスケで言うと第4ピリオド、野球で言うと7回裏2アウト23塁ぐらいですかね…

早いですね

秋季リーグ戦も終盤を迎えますが、なかなか難しい戦いが続いております。
勝利を目指して全員が練習に打ち込んでいます!
しかし、ここで頑張ってるところを取り上げるのもあれなので…

今回は“OFF……いやっ、自主練の日の過ごし方”をテーマにちょっと考えてみたいと思います。

わが京大野球部では、自主練という名の休日が設けられていますが、
部員はどのように過ごしているのでしょうか…

名の通り、自主練に励む謀ストイックな人、
「OFFは前日から始まる」というもっともかつ素晴らしい名言を残すほど前日から計画的に満喫する人、
異性とチャイチャイする人、特に何もすることなくよく寝る人…など

休日の過ごし方は10人いたら9通りぐらいあるかと思いますが、
無駄な休日を過ごすのだけは非常にもったいない。
そんな休日を過ごす私みたいな人は、「よーし、逆回転だ」とでも言わんばかりに、
前の日の夜ぐらいからやり直したいと思ってしまうものです。

時間の使い方がそんなに…いや全然うまくない自分が言っても説得力に欠けるかもしれませんが、
時間というのは、非常に貴重なものです。タイムイズマネー!!

時間の使い方は自分にとって、いやっ人類にとって永遠の課題かもしれません…

いやっ~ちょっと話が大きくなりましたが、部員一同時間を有効に利用しつつ、
練習に勉強にプライベートに励んでおります~京大野球部を今後ともよろしくお願いします。

これからも書く機会があればもっと良いものを書けたらなと思います。

ありがとうございました

ではでは!!

(二回生 園部)
【8月号】

さぁさぁ始まりました!月刊DB8月号!!!

今回お届けさせていただきますのは、みなさんおなじみ、広報班総務加藤です!!!
誠に勝手ながら7月号は、テスト期間であったため休刊させていただきました。
首を長くして楽しみにしていた読者の皆さん、誠に申し訳ありませんでした。

梅雨なんていつの話やら、すっかり太平洋高気圧は南へ南へ追いやられ、
秋雨前線が北へ南へ、そのまんま東へ行っちまえばいいのに…
なんて言っているこの間にも、Team久保津の集大成、秋季リーグの開幕が迫っています。
暦の上ではオーガスト でもハートはサバイバーですね!!!!!じぇじぇじぇ。
春季優勝の近畿大学が出場辞退となり、5校で争われることになった今季、
京大旋風を巻き起こすべく、日々練習に励んでいます。

春の悔しさは、この秋、倍返しだ!!!!!

はい、決め台詞も決まったところで、この夏、ここまでのチームの戦歴を少し。

東大戦は、見事田中の完封で勝利し、
七帝戦でも、主力を欠くなか、三木、小林、山上の3投手の頑張り、
そしてチームワークで優勝することが出来ました!!!
愛知、広島にも合宿に行き、社会人の強豪チームとのOP戦、
練習を行うことで各自の能力アップ、チーム力アップに努めてきました。
神大戦は、残念ながら豪雨のため中止となってしまいましたが、
部員の中には何かしらの収穫のあった部員もいたとか…
まっ、恋の片道切符を握りしめたまま途中下車させられた部員もいたようですが…笑
完投し 完勝(鑑賞)するが 風絶ちぬ またある者は 英に夢見し
といったところでしょうか。

今月末から始まる秋季リーグ戦は四回生の多くにとっては、真剣に野球をする最後の時間だと思われます。
悔いの残らないよう、全力でプレーしてもらいたいものですね!!!
そんな今季活躍間違いなしの四回生に注目してもらうために、
誠に恐縮ですが、私、総務から各選手の見所などをかる~く紹介したいと思います!!!

#1 Kenta Kubotsu
 我らがキャプテン!!!今季も出るか、試合後ミーティングでの”地獄・名指しの刑”

#5 Kazuya Takami
 東の亀梨、西の高見、我らが”カ・ズ・ヤ”!!!

#7 Takeshi Sakai
 Mr.飛ばし屋!!!打球も車も罵声もどんどん飛ばしてもらいましょう!!

#8 Tatsuro Ibe
 He is an outfielder. He can run fast. He is the very person, Ibe!!!!!

#9 Yusuke Sugano
 金本がなんだ!京大のアニキ!!!今季の目標は”スガりません”(注:スガる…簡単な球を落球すること)

#11 Kei Yamagami
 投手と主務の二刀流!!!変幻自在の”Keiボール”に要注目!!

#13 Hiroaki Uno
 面白いこと、します!!!

#21 Shoki Ono
 サブマリンから放たれる速球!誰が彼に噂を垂れ込んでいるのか、私、総務もこりごりです。
 学生コーチ Shiguma Uno

あまちゃんではアキでもなくユイでもなく、若き日の春子(有村架純)推しです。
プレイングマネージャー Nozomi Yano
巨匠。

以上十名、22年入学の四回生に要注目!!!!!

ではでは、ここらで失礼致します。
来月号もお楽しみに~!!!


(三回生・加藤)
【6月号】

こんにちは!四回生の伊部です。月刊DBも早くも第三号、世間は梅雨の季節ですね。
少し雨が降る日も多くなってきたかと思いますが、
「雨降って地固まる」と言った言葉があるのは御存知かと思います。
しかしわが京大吉田グラウンドでは「雨降っても地乾く」と言われるくらい水捌けが良いわけで、
それはもう「喉渇き時のちんすこう、夏炎天下の吉田グラウンド」
と並び称されるほどです。

そんなわけで、今回は雨をテーマに、
雨季に喜んで沖縄に観測に行ってしまうほど雨が大好きな某部員に話を伺っても良かったのですが、
この季節、京都大学硬式野球部には雨よりも重要なイベントが行われます!それは、、、


定期戦~定められた時期に戦う~


はい、そうです。年に一回、だいたいいつも梅雨明けから夏にかけて行われる定期戦です。
対戦相手はみなさんご存知かと思いますが、神戸大学、そして東京大学です。
はじめに簡単に定期戦の歴史でもふりかえりましょう、、、
と言いたいところですが、そんなものをつらつらと述べた所で感は否めません。
ましてやHPに定期戦に関して既にページがあるではないですか。
気になった方はそちら、もしくはグー○ルやヤ○―でも使って是非調べてみてください。

というわけで今回は以下の二本立て
1.今年の注目選手!
2.URA・京神戦、東大戦
でお送りしていきましょう!!

1「今年の注目選手!」
 昨年の定期戦は二戦と見事に勝利を収めたわけですが、もちろん今年も勝ちます!
 ここで今年の定期戦二連勝に欠かせないであろう三選手を勝手にピックアップしちゃいます。

壱. 松井 公佑(#28 三回生 外野手)
H.24春にシーズン打率三割超を記録し、同年の東大戦において優秀選手賞を受賞。
おサブなカルチャーへの意欲も高まっている彼に、
昨年に引き続き今年も力強いバッティングを見せてくれることを期待!

弐. 前川 優也(#33 二回生 一塁手)
今年の春季リーグ堂々のベストナイン。バッティングの秘訣は数多の選手のモノマネで培った観察力。
定期戦でもその力を発揮するか!?

参. 三木 健太郎(#17 三回生 投手)
鉄腕アトム、登板無しでも完投。人間消火器の名の元に数々のリリーフをこなす。
試合の流れが傾きかけた時、きっと彼が救ってくれるだろう。さー、行こう!

他にもたくさんいますが、以上三選手注目してみて下さい!


2「URA・京神戦、東大戦」
野球の試合ももちろん白熱しますが、他に何か争えるものはないか、と思い勝手に調べてみました。
内容はあくまで表面的であり、裏付ける物がない可能性もありますがあしからず。

壱. 工学部の男女比
おとこう学部と揶揄される程教室に男が溢れかえる工学部。隔離されたキャンパスにはもう、、
京:8.4%(H24)、東:9.4%(H24)、神:12%(H18)
データの年代、有効値にばらつきはあるものの以上のようになりました。
やはり少ない。何をもって勝ちにするかはあえて明言はしません。
というかいずれにせよどれも学内では負けて、、、はい。

弐. 半径200m以内のコンビニ数
キャンパスの立地や利便性をコンビニの数で勝手に順位付けしちゃおうという感じです。
京:12、東:16、神:3
かなり明確に順位が出たような気がします!
ですがこれは筆者が勝手にグー○ルマップで調べただけなので信憑性はかなり低いです。
とりあえずわかったことは東大にローソンがたくさんあるということです。
ローソンとローニンは東大が一番かもしれませんねっ!即土下座


はい、てな感じで今回も記事を書いていったわけですが、
下らない内容も目白押しでしたがどうか目を瞑ってください。
ともかく!定期戦二連勝に向けて精進して参りますので応援よろしくお願いします!では!!


(四回生・伊部)

【5月号】


さあ始まりました、月刊DB5月号!!!

今月担当させていただきますのは、
今年度から広報班の総務を務めさせていただく加藤です。
はい、総務です。
月刊DB4月号を読み、総務であることを知った総務です。

総務…会社・団体で、全体の事務を統べつかさどること。(広辞苑より)

はい、総務です。
何か"班長"より地位が高い気がしますが、それは置いといて
DB広報の事務を統べつかさどれるよう、一年間頑張っていこうと思います!!
よろしくお願いいたします。

もっと総務について知りたいという方は
Webで『総務 加藤』とお調べください!

はい、もちろん何も出てきません。



さあ始まりました、月刊DB5月号!!!
今月の担当は、はい、総務でおなじみ加藤です!!(汗)

そして、今回のテーマは
『SKE48』
去年の紅白歌合戦に同グループとして初めて出場し、
今年ますますの活躍が期待されるSKE48の今後の展望について
お話…

しません。はい。
すみません。
テーマは『春季リーグ特集』です。はい。すみません。

まあ、あれなんですよね。
実を言うとこれを執筆している今現在は5月22日
リーグ戦も残すところあと一節なんですよね。
当初の予定ではもっと早くに執筆するつもりで
順位予想から、首位打者、ベストナインまで予想しちゃおうと思っていたんですよね…

さあ、どうしましょう。
SKE48の話でもしますか?

いやいや、
ここはみなさんにさすが総務と言わせてみせましょう!!!

『打倒関大!!!~決めるのはアナタ!~』
今回は5月25日から行われる最終節関大戦
総務が独断と偏見で勝手に試合を決めるアナタを紹介したいと思います!!!

エントリーナンバー1番
頼れる主砲"#7酒井"
ここぞという場面、やはり決めてくれるのはこの人でしょう!!!
OB激励会でも言っていたように、大学4年間の集大成
思う存分"暴れて"もらいましょう!!!

エントリーナンバー2番
我らがキャプテン"#1久保津"
時には厳しく時には優しく、選手全員の濃い女房!!!
彼の一投一打でチームのボルテージは最高潮に達すること間違いなし!

エントリーナンバー3番
唸る豪腕"#18田中英"
百花繚乱の野球界 ひときわ輝く一輪花
花を咲かすも花を枯らすも鼻を伸ばすも
すべては彼の右腕のみぞ知る!さぁいま咲き誇れ!!!

さあいよいよ今季最終節
関大に連勝し、4勝8敗(5位)で今季のリーグ戦を
良い形で締めくくれるよう選手全員全力で戦い抜きます!!!
みなさまぜひ、応援のほどよろしくお願い致します!!!

ところで、わたくし総務が何の意味もなく"SKE48"と連呼していたとお思いですか?

浅い!!!(江川風)

酒井(S)久保津(K)英祐(E)4勝8敗

\さすが総務/

はい、総務です。
月刊DB5月号楽しんでいただけましたでしょうか!!
次回は6月号を予定しております!
お楽しみに~!!!!!

(三回生・加藤)

【4月号】

こんにちは。今年度から広報班の班長を務めさせていただく伊部です。
昨年度に引き続き、今年もWEB更新の活動を中心に頑張って行きたいと思います。

以前に行った「受験生へ」の特集はみなさん読んで頂けましたでしょうか。一昨年度の受験生、
つまり今の二回生に発信する形となった特集でした。
閲覧履歴を調べたりはしていなかったので感触が分かりづらかった所もありましたが、
実際に入部した部員達に「読んでましたよ!」と言われた時はほんのりと嬉しさもありました。

というわけで、今年度も何かコラム的なものをやろうかなと薄ら薄らと考えているうちに冬が過ぎ、
桜も緑に姿を変えてしまったわけですが、、、、

はい、というわけで今重い腰を上げて執筆にかかっております。
いやはやしかし、言葉を紡ぐというものはとても難しいもので、内輪で回すだけのものならまだしも、
多少なりとも不特定多数☆TANINに発信するものとなると余計に厄介ですね。

ですが、普段は野球ばかりをやっていてなかなか他のことが手につきにくい状況ではあります。
そんな時こういった機会にこのような簡単な文章を「創る」ということは良い体験かな、
と個人的に思っております。
文章を書くことで語彙力を増やし、
表現豊かな人材を育成するのが広報班創設以来のモットーというのはみなさんご存知の通り
今思いついたわけですけども、
もし執筆に興味がある方がいれば是非広報班班長伊部、もしくは広報班総務の加藤までご一報を。


班の紹介はこれくらいにしておいて、今回のコラムの概要について少しだけ。
「月刊DB」の名の元に、悪と戦い、世界を平和にはしません。
京大野球部についての紹介や、イベント・行事の特集をしていきたいなと考えております。
創刊号の今月は、特別価格の390円、君もフェ○ーリを作ろう!!

てなわけで最初のテーマはこの季節にピッタリのあれ!
春の陽気に負けぬ活力、桜の花が舞い散るように、若き心は希望に溢れ、
我が部にも爽やかな風を送り込んでくれることでしょう。


「新・New部員〜とりあえずめっちゃ新しい〜」


でお届けしてまいります!タイトルコールも久しぶりゆえ少しキレ悪目です。

京都大学では新歓ムード一色の中、わが硬式野球部にもちらほらと新入生の顔が伺えます。
興味のある新入生は遠慮せずにどしどし吉田グラウンドに来てくださいね!

そして来る4月26日、この日には新入生向けの練習会を行う予定です!
キャッチボールやバッティングをしながら軽く汗を流してもらうイベントです。
もちろん汗を流すかどうかは各自の裁量に任せております。さぁ、開こう。君の汗腺を!
的なコピーもありません!

開くのは君の未来への扉、そして拓こう君の未来を!!


さて、世界で初めて汗腺から未来を拓いたわけですが、練習の後には焼肉にもいっちゃいます。
肉を貪るも良し、女を貪るはわろし、同回生との交流を深めるも良し、先輩に質問するもよし、
わいわいがやがやおらおら楽しく交流を深めましょう!
もちろん、「お前の贅肉も焼いたろかコラ!」
なんて先輩は数人しかいないので心配しなくてもいいですよっ!(^^)キラッ


野球部に入部希望の人はもちろん、
入部をまだ迷ってる君もぜひ26日に硬式野球部の練習会および焼肉会に来てください!
授業がある方は焼肉だけでも大歓迎です!
もう一度言います。創刊号は特別価格の390円君も○ェラーリを、、、、

はい、4月26日金曜日午後15時から、もちろん遅れてきても構いません。
焼肉は18時頃にグラウンドを出発する予定です。
雨天の場合は焼肉だけでも開催する予定なので一度部室に顔を出して頂くか、
HPトップにある連絡先にご連絡ください。


この貴重な四年間、何を選択したとしても、それは人生の糧となり、今後の道しるべとなるでしょう。
その選択肢として硬式野球部が選ばれたなら、このアツく、充実した環境が、君を光へ導くだろう。アーメン。

以上、第一回月刊DBでした!執筆者は伊部が、伊達でもなく、井出でもなく、伊部がお送りしました。
次回会うまたその日まで、辛子とねぎが不可欠となるだろう。ソーメン。


来週も内容盛りだくさんな素敵な特集を用意しておりますのでお楽しみに!ではでは!

(四回生・伊部)