第5回 吉Gの窓

大山 晟弥(1・安積)×松本 紘治(1・天王寺)×田島 宏樹(1・大阪星光学院)

●自己紹介をお願いします。


田島
:大阪星光学院出身、法学部の田島宏樹です。ポジションは外野手です。
松本:天王寺高校出身、工学部地球工学科の松本紘治です。ポジションは投手です。
大山:安積高校出身、工学部地球工学科の大山晟弥です。ポジションは投手です。

●野球部の雰囲気は?

大山
:自分たちでやることを決めてどうにかしていくっていう雰囲気はほんとに感じるかな。

松本:共通意識が大きいよな。

大山:同じ考えを持ってる人が多いからやりやすい。

田島:あと縦の関係よな、コミュニケーションが先輩とちゃんと取れるっていうのは、
   すごい感じるわ。縦の関係が緩いとか厳しいとかよく言うけど、
   そういうのとはまた別の次元で、
   コミュニケーションがよく取れているチームかなと思うな。

大山:指導者があんまりいないので、
   自分たちである程度厳しい声をかけていかなければならないけど、
   上級生が何でも押し付けてくるという感じではないよな。
   そういうのは、僕たちにとってはありがたい。

田島:逆にそうじゃないとやっていけないようなチームかもしれへんな。

松本:そこで、ぎくしゃくが起こったらあかん気がする。

三人:先輩方ありがとうございます!!笑

●京都大学での勉学は?

大山:高校の時はテキストとか教科書を使ってたけど、
   大学では教授が黒板に書いたりパソコンを使ったり、教科書がないこともあるよな。
   だから授業をしっかり聞いてないとテストもきつい。

田島:ノート写してるだけでもあかんしな。

大山:高校以上に授業は大事かなって思う。

松本:教える気ないって言ったら言い過ぎやけど、人数も多いし全員に目を配ってなくて、
   分かりたい人だけが分かればいいってかんじよな。
   だから、ちゃんと聞いてたとしても、難しすぎて理解できへんってこともあるよな。

大山:授業は結構深いとこまで突っ込むけど、テストは意外と簡単だったりしたかな。
   例えば、数学でものすごい難しい証明をしたりはなくて…

松本:高校までの方がテストは難しかったよな(笑)

●高校野球との違いは感じる?

松本:このチームに関してかも知らんけど、一番大きいのは指導者がおらんってことかな?
   その分、自分たちの考えが反映されやすいよな。

大山:何か問題があったら、自分たちで考えて改善していくところは高校野球と全然違うな。

松本:高校野球の時も考えてたのは考えてたけど、
   このチームは考えないといけない状況にあるってのが大きな違いかな。

田島:なんか勉強と似てるよな?
   教えてもらわれへんから自分で知ろうとするみたいなところは。

松本:そこを選手間で教え合うってところも、なんか勉強と似てるよな。
   それが上手く回れば、お互いが相乗効果で成長していける環境なんかもな。

田島:あと、リーグ戦ってところも全然ちゃうよな?

松本:そやな。その分、偵察とか分析もしっかりやるし、
   相手チームの情報量とかは全然違うよな。

●京大野球部の一日は?

松本:まあ、授業ある日は朝から三限ぐらいまで授業受けて…

田島:三限までしか受けれないよな基本は、般教(一般教養の授業)に限っては。

松本:そこから六時くらいまで全体練習があって、で自主練が結構どこまででもできる。

大山:遅い人は九時くらいまでやってる。

田島:10時までおるよ!自分ら早よ帰って何してるん家で?

松本:俺は9時に出ても家帰るのに二時間かかって11時になるから…

田島:そうか実家通いか!

松本:大体帰ったらご飯食べてお風呂入ってバタンキューみたいな。
   ベットまでたどり着かんことも多々ある。

田島:電車の中で何してるん?

松本:寝てる。(笑)授業あっても寝てる。てか寝なやっていかれへん。

田島:ほんま帰る時間なかったらそこで練習できるからな。
   練習時間を取ろうと思ったら、下宿の場合は通う時間がない分、
   かなり自由に使えると思うよ。朝やってる先輩とかもいてはるしな。

●四年間での目標は?

松本:野球は何となく完成形は見えてる?

田島:いや俺は一日一日あって四年間でいったところかな。
   今具体的に見えてるというよりかはとにかく今かな、ってイメージはある。
   将来についても全然四年先が見えてないんやけど俺。

大山:やっぱり四年たって充実してた四年間だったな、
   って思えるようには少なくともしときたいかなって。
   もうちょっとやれたかなという風には思いたくない。

松本:大学野球始めたきっかけっていうのもそんなんやんな?

大山:やらないっていう選択肢がなかったからな。

松本:高校の時は別にやらんかもしれへんって思ってたけど、
   終わった瞬間これじゃ終われないと思った。

田島:俺もこのままの野球選手じゃ絶対に終わられへんかなっていう思いが
   サークルとか最初回っててもあったからここにいるかもしらん。

大山:正直言うと引退して三か月くらいはやりたくなかったけど本当は。笑

松本:同じ感じでは終わりたくないっていうのはあるよな。

田島:紘治はなんかクリアに見えてるん?

松本:完成形は変わってくるから、野球に関しては。
   だから今はとりあえず怪我を完全に治してちゃんと体動いてからかな。
   自分の中ではぼんやりとこうこうこうできたらいいなっていうのはいろいろあるけど、
   それを四年間の中でプラスされていく、小っちゃく目標設定していく。
   最後どこまでいけるかわからんけどって感じかな。

(それではいきますよ〜 はいっ、チーズ!パシャリ)

[写真]左:松本 中:田島 右:大山


松本、大山、田島





大山









田島







松本